日本写真測量学会 関西支部

日本写真測量学会関西支部について

日本写真測量学会関西支部では,「空間情報に関する普及活動」をメインテーマとしています. 本支部の行事には,近畿・四国・中国圏の会員,および支部の行事に興味を持つ方どなたでも参加が可能です.


最新のお知らせ

2018/11/5テクニカルセミナー/第97回 空間情報話題交換会の案内を掲載しました.
2018/10/30テクニカルセミナー/第96回 空間情報話題交換会の講演報告を掲載しました.
2018/9/21テクニカルセミナー/第96回 空間情報話題交換会の案内を掲載しました.
2018/9/21『第14回若手技術者・研究者による技術研究発表会』の開催報告を掲載しました.
2018/9/3『第14回若手技術者・研究者による技術研究発表会』 のプログラムを掲載しました.
2018/8/14「基礎から学ぶ空間情報学講習会」の開催報告、アンケート集計結果を掲載しました.

全てのお知らせはコチラ


テクニカルセミナー/第97回空間情報話題交換会のご案内

 空間情報に関する普及・啓発活動の一環として継続的に実施されてきたテクニカルセミナー・空間情報話題交換会を開催いたします.

 第97回となる今回の詳細は下記のとおりです.「空間情報の計測と利用」にご興味をお持ちの方であれば, 当学会会員の方に限らずどなたでも参加いただけます.ふるってご参加ください.

 なお,本テクニカルセミナーへの参加は,測量系CPD協議会において 認定された学習プログラム「日本写真測量学会講習会等の受講」に該当します. 参加者には,2ポイントの測量CPDポイントを記した受講証明書が付与されます.

 また,話題交換会の参加者は,GIS上級技術者への申請を行う場合にポイント加算の証明として,本会の参加証を利用することができます.

■開催日時:2018年12月7日(金) 17:30-19:30

■会  場: 公立大学法人 大阪府立大学 I-siteなんばC3

  (住所: 大阪市浪速区敷津東2-1-41 南海なんば第1ビル

■プログラム:17:30-18:45ごろ 話題提供

  『3次元センシング情報の取得・処理・活用〜道路・河川を対象に〜』

                  関西大学 窪田 諭 氏

  概要:社会基盤施設を地上レーザスキャナやUAVによって計測し、その

    点群データを用いることにより、施設維持管理の高度化を期待できる。

    そこで、道路や河川を対象に、地上レーザスキャナやUAVによりセンシ

    ングし、そのデータを処理して構築した3次元データを用いて、情報シ

    ステムを実現場に適用した事例を紹介する。

    また、小型レーザスキャナ搭載UAVのための産官学連携の技術開発プロ

    ジェクトである、関西大学カイザー・プロジェクトS「高度空間計測

    技術開発コンソーシアム」、および、関西大学社会空間情報科学研究

    センターの活動についても紹介する。

  キーワード:3次元センシング、地上レーザスキャナ、UAV、小型レーザスキャナ、点群データ

  18:45ごろ-19:30 ディスカッション

※終了後,忘年会(会費制)を会場斜め向かいの 「オルケスタ」にて開催いたします.

こちらもふるってご参加ください.

                                以上

※準備の都合がございますので,参加を希望される方は, 下記の申込フォームへ必要事項をご記入の上, 11月30日(金)までに日本写真測量学会関西支部(secretary@jsprs-w.org) まで電子メールで お知らせくださいますよう, お願いいたします.

============申込フォーム============

日本写真測量学会関西支部・事務局 (secretary@jsprs-w.org) 行

■ご氏名:

■ご所属:

■E-mail:

※以下,いずれかを消してご返信ください.

■第97回話題交換会に

    参加します   参加しません

■忘年会(会費:4,500円を予定)に

    参加します   参加しません

==============================